“仔苗”の読み方と例文
読み方割合
しびょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このユリの特徴葉腋珠芽が生ずることである。これが地に落ちれば、そこに仔苗が生ずるから繁殖さすには都合がよい。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
鱗茎鱗片もきわめて少なく、花が咲くとその鱗茎腐死し、その側に一、二の仔苗を残すにすぎない特状がある。この属のもの日本に二種、一はウバユリ、二はオオウバユリである。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
しかし実ができなくても、その繁殖にはあえて差しつかえがないのは、しあわせな草である。それは地中にある球根(学術上では鱗茎と呼ばれる)が、漸々に分裂して多くの仔苗を作るからである。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)