“やなぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤナギ
語句割合
54.8%
30.5%
楊柳7.3%
楊樹2.3%
柳樹1.1%
白楊1.1%
三十三0.6%
小柳0.6%
柳枝0.6%
柳裏0.6%
水楊0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
柳橋に柳なきは既に柳北先生『柳橋新誌』に「橋以柳為名而不一株之柳すに、一株えず〕」
至るところの緑野にポプラやの並み木がある。日が暮れかかって、平野の果てに入りかかった夕陽は遠い村の寺塔を空に浮き出させた。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
俥が橋を渡り尽すと、路は少し低くなつて、繁つた楊柳の間から、新しい吉野の麦藁帽が見える。橋はその時まで、少し揺れてゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
枝という枝は南向に生延びて、冬季に吹く風のさも思いやられる。白樺は多く落葉して高く空に突立ち、細葉の楊樹るように低く隠れている。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
だが、加茂の堤に出ると、咸陽宮唐画にでもありそうな柳樹の並木に、清冽な水がながめられて、りと、顔へ、のような風があたる。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しおらしくみどりの糸をたれる柳、まして三十三間堂のお柳と同じ名で自分の心とはまるであべこべだと云っていやがったのだ。
お女郎蜘蛛 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
虚言け」と、保さんはした。取組は前から知っていて、小柳が陣幕の敵でないことを固く信じていたのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
烈風は、いっそう速度をあつめて、戸外に積み上げた石を撫でる柳枝の音が、遠浪の崩れるように、おどろおどろしく聞えていた。
人々を凝らして之を見れば、年齒は十六七、精好の緋の袴ふみしだき、柳裏五衣打ち重ね、にも餘る緑の黒髮にゆりかけたる樣は、舞子白拍子の媚態あるには似で
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
両側に植え付けられている水楊はすでに黄色い芽をふいて、さんさんと降る暖かい初春の日光に、ほのかな匂いを漂わせていた。
錦紗 (新字新仮名) / 犬田卯(著)