“鈴子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すずこ66.7%
すゞこ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わけてもこの鈴子夫人のように、非常な美人で、詩がうまいとなると、物好きな世間は、安からぬゴシップを飛ばさずにはおきません。
六条 千春 平河みね子 辰巳 鈴子 歌島 定子  ちどり 小林 翠子 香川 桃代 三条 健子 海原真帆子  黄世子
間諜座事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
夜は舳先に見る月の清らなること昨日に異らず。ベツカ夫人鈴子の君の愛子、マリイ、エヂツ、アンネスト、エレクの君達皆私に馴れ給ひ、就眠の際の挨拶をも受け申し
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)