真際まぎは)” の例文
旧字:眞際
お互に伯林を立たうと思つてゐる真際に、あの男は着いたので、一寸逢つただつたらう。
魔睡 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)