黄昏の告白たそがれのこくはく
沈み行く夕陽の最後の光が、窓硝子を通して室内を覗き込んでいる。部屋の中には重苦しい静寂が、不気味な薬の香りと妙な調和をなして、悩ましき夜の近づくのを待っている。 陽春のある黄昏である。しかし、万物甦生に乱舞するこの世の春も、ただこの部屋をだ …
作品に特徴的な語句
明瞭あきらか おと ねらい いと ただ たん へだた 米倉よねくら 出会でくわ うつ 甦生そせい くら なま そこな ぬぐ 抽斗ひきだ 寝台ベッド 硝子ガラス 蓬々ぼうぼう 短銃ピストル 眩惑げんわく 狼狽ろうばい 眠入ねい 盲目めくら 痙攣けいれん 痣虎あざとら みち 黄昏たそがれ 驚愕きょうがく 顛末てんまつ ひたい 頸部けいぶ 雇人やといにん 階下した のこ 箪笥たんす おど 誰何すいか のぞ ふすま すべ 格好かっこう 蓉子ようこ 苦悶くもん しの ああ わら つば 咽喉のど せき のろ 呑気のんき いな 夕陽ゆうひ すご そば そば 俄然がぜん 佇立ちょりつ たたず 仇敵かたき てい 片唾かたず 瀕死ひんし たお 暢気のんき 昏倒こんとう ゆえ たずさ うら ねら もだ 弾丸たま さいわい 寵児ちょうじ 姦夫かんぷ