“つわもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
36.5%
強者31.7%
武士9.5%
兵士3.2%
軍兵3.2%
3.2%
兵者3.2%
武者1.6%
剛者1.6%
勇者1.6%
古武者1.6%
将卒1.6%
武人1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今にもどもの矢たけびが聞えて来はしまいか、どこぞの空が兵火に焼けていはしまいかと落々を合わす暇さえなく
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
目を見合せては流石に哀れに堪兼ねて立退くものもあったが、鳴き居るは、などとって興じ笑いつつ猶もむしり立てる強者もあった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「元より最初から烏合の数は望まぬところ。一人だに、一念神仏に通じれば、世をも動かそう。鉄石の心をもつ、武士の八十余騎もおれば、何事か貫けぬことやあろう」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いずれも物の具に身を固めた兵士で、十津川から来たものと、紀州家の兵とが一緒になって、竜神村へ逃げ込んだ天誅組の余類を探そうというのであります。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
(月かくれて暗し。籠手臑当、腹巻したる軍兵二人、上下よりうかがい出でて、芒むらに潜む。虫の声にわかにやむ。)
修禅寺物語 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
春彦 大仁の町から路々に、物の具したる兵者が、ここに五人かしこに十人して、出入りのものを一々詮議するは、合点がゆかぬと思うたが、さては鎌倉の下知によって
修禅寺物語 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「うむ。まずうたる武者、七々四十九人を選び、みなき旗を持ち、みな皁きを着て、りの帳外を守護せしめい」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのりの必死懸命となるときは、願文する声が、帳外の武者の耳にも聞えてくるほどであった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よどみのない使いの弁舌に、梅雪入道いをといたとみえ、すぐ家臣に三箱の黄金をになわせ、じぶんも頭巾をかくして騎馬立ちとなり、剛者十数人を引きつれて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おのれッ」とさえぎる捕手を斬りとばして、夜叉を思わせる太刀風に、ワッと、いて近よる者もない折から穴山梅雪一手の剛者が、捕手に力をかして、からくも龍巻をしばりあげた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一八六八年に船長として青錨会社に入社してから、この一九〇九年、事件が起るまで四十一年間、ずっと事故無しで荒海を乗り廻して来たB・A・L切っての海の古武者だった。
沈黙の水平線 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
するとこの時山つづきの、横手の森から鬨の声が起こり、赤き旗三れひるがえり、七百あまりの将卒が、騎馬、徒歩にて走り出して来た。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
御随行人数そ五六十、いずれも直属屈強武人ばかりでございました。