修禅寺物語しゅぜんじものがたり
(伊豆の修禅寺に頼家の面というあり。作人も知れず。由来もしれず。木彫の仮面にて、年を経たるまま面目分明ならねど、いわゆる古色蒼然たるもの、観来たって一種の詩趣をおぼゆ。当時を追懐してこの稿成る。) 登場人物 面作師夜叉王 夜叉王の娘かつら …
作品に特徴的な語句
男女おとこおうな 夕飯ゆうまま しょう 退すさ 喧嘩いさかい 父様ととさま 扮装いでた いだ うえ おり ずみ 小刀さすが 卜者うらや こら 精力せいりき つか わらわ がん 早速さそく すす 怪異あやかし 生憎あやにく 上下かみしも 狩野かの まなこ 判官はんがん しか つか あつ しん すか 近習きんじゅう もとい 軍兵つわもの 贔屓びいき しず あね こび わび 下知げじ 幾本いくもと かいな 藁葺わらぶ 手負てお 袈裟けさ 甲斐かい うなぎ 番匠ばんしょう しび 一晌いっとき 直垂ひたたれ みぎり たた 空嘯そらうそぶ 窟詣いわやもう 等閑なおざり 筒袖つつそで 籠手こて 粗木あらき 紙砧かみぎぬた 素性すじょう 綺羅きら すが まと 羅刹らせつ つばさ たね 能員よしかず ひざ 臑当すねあて すすき 重畳ちょうじょう 迂濶うかつ 頼家よりいえ あご 退 面憎つらにく 逢瀬おうせ 過失あやまち 遠近おちこち ひな 面体めんてい 開闢かいびゃく 長巻ながまき かど のみ さわ
題名が同じ作品
修禅寺物語 (旧字旧仮名)岡本綺堂 (著)