“紙砧”の読み方と例文
読み方割合
かみぎぬた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二重の上手につづける一間の家体は細工場にて、三方に古りたる蒲簾をおろせり。庭さきには秋草の花咲きたるに沿うて荒むしろを敷き、姉娘桂、二十歳。妹娘楓、十八歳。相対して紙砧
修禅寺物語 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
お花さんにまず幾らか握らせて、向島あたりへ姐さんをおびき出して、ちょうど浅草寺入相がぼうん、向う河岸で紙砧の音、裏田圃で秋の、この合方よろしくあって幕という寸法だろう。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
上手につゞける一間の家體は細工場にて、三方にりたる蒲簾をおろせり。庭さきには秋草の花咲きたる垣に沿うて荒むしろを敷き、姉娘廿歳。妹娘、十八歳。相對して紙砧つてゐる。
修禅寺物語 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)