“余類”の読み方と例文
読み方割合
よるい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに、斉彬の代となれば、わしが、今度国許で処分した奴等の余類を取り立てて、上席の者を、悉く、処分するかもしれぬ。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
いずれも物の具に身を固めた兵士で、十津川から来たものと、紀州家の兵とが一緒になって、竜神村へ逃げ込んだ天誅組の余類を探そうというのであります。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
天下はいつか宮方にすべき機運となっていたのだろ、望外な武運に会い、時も措かず、北条一統、余類まで、ことごとく義貞が一手にて、討ちほろぼしおわった。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)