“春日神木”の読み方と例文
読み方割合
かすがしんぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「しからずんば、嗷訴(大衆の示威運動)あるのみだ。日吉山王の神輿げて、朝廷へ迫ろう。奈良の興福寺大衆も、春日神木をかついで、われらと同時に、洛内へくり出せ」
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)