“嗷訴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごうそ80.0%
がうそ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、大岳の鐘を鳴らして、嗷訴の気勢をあげるやら、造営奉行の高ノ師直の屋敷へ押しかけて、石を投じたり、落書するなど、物情騒然のうちに年も暮れた。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ともかくも現場へお越しくだされ、百姓どもの憐れの様子、一揆嗷訴をいたさいでは、とうていいられぬ窮境を、実地にご覧くださりませ、郡兵衛お願いいたしまする」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
嗷訴と称して、無理非道の振舞をしたのである。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)