“夏菊”の読み方と例文
読み方割合
なつぎく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九谷焼の花瓶に射干と白い夏菊の花を投込に差した。中から大きいが飛び出した。紅の毛氈を掛けた欄干の傍へ座ると、青い紐を持つて来て手代が前の幕をかかげてくれた。
住吉祭 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
門までか三四左手の前を一坪ばかり花壇にして、松葉牡丹鬼百合夏菊など雑植の繁った中に、向日葵の花は高くの葉の押被さって、何時にか星は隠れた。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
までか三四左手一坪ばかり花壇にして、松葉牡丹鬼百合夏菊など雜植つたに、向日葵押被さつて、何時にかれた。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)