“夕間暮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆふまぐれ66.7%
ゆうまぐれ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夕間暮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
野の朝山の夕間暮ゆふまぐれ
枯草 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
夕間暮ゆふまぐれ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
とうら寂しげな夕間暮ゆうまぐれ生干なまび紅絹もみも黒ずんで、四辺あたりはもののいその風。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
左様さいで、ござりません。仁丹がうござりますやろ。」と夕間暮ゆうまぐれ薬箪笥くすりだんすに手を掛ける、とカチカチと鳴るかんとともに、額の抜上った首を振りつつおおきな眼鏡越にじろりとる。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)