“あがな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アガナ
語句割合
66.3%
30.2%
3.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なお私は両脚の代償として、ねて珠子から望まれていたとおりの五ヶ年若き青春と代りの脚一組とをい、その場で移植して貰った。
大脳手術 (新字新仮名) / 海野十三(著)
輪廻がいであり、そこに歓喜が伴うということは、鶴見が前にいっていた。彼はそれを基礎として更に考えを進めてみるのである。
ふには首代と云ふ事あり先達て其方伯母より借たる雜物は富松町質屋六兵衞方にて五十兩借請其金を以て小間物荷を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)