大脳手術だいのうしゅじゅつ
美しき脛 いちばん明るい窓の下で、毛脛を撫でているところへ、例によって案内も乞わず、友人の鳴海三郎がぬっと入ってきた。 「よう」と、鳴海はいつもと同じおきまりの挨拶声を出したあとで、「そうやって、君は何をしているんだ」と訊いた。 「うん」 …
作品に特徴的な語句
外面がいめん にょ かか くっ 帰途きと 跳起とびお もとづ さだ 小暗こぐら がい うしろ ぼう 騙取へんしゅ ふう かさ ほがら うらな むね 追払おいはら 施行しこう うな なじ つかま 如何いかん 言辞げんじ かど 差支さしつか あつ 平伏へいふく ろう まとま もも はぎ 溌溂はつらつ 骸骨がいこつ つぶ ひん 瀬尾せお 焦燥しょうそう 狼狽ろうばい 珠子たまこ はなは 生憎あいにく 甲斐かい あと 痕跡こんせき 瘢痕はんこん しゃく 真似まね にら ろく 祖母ばあ 突飛とっぴ センチ ひもと ひび ののし 罵倒ばとう 肝腎かんじん 胡坐あぐら 脂肪あぶら すね 脛骨けいこつ まも 一瞥いちべつ 雑鬧ざっとう けわ 阿呆あほう 闇川やみかわ ひらめ 錯倒さくとう 釈明しゃくめい 酩酊めいてい いとま 過言かごん 遅々ちち 這々ほうほう みち 贅肉ぜいにく 贅沢ぜいたく あがな あお 莫迦ばか 菩薩ぼさつ たばこ すす