“言辞”のいろいろな読み方と例文
旧字:言辭
読み方割合
ことば70.0%
げんじ20.0%
ものごし10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予のいわゆるける人間とは、死せる人間に対する言辞にあらずして、死せる智識や活用されざる学問を有する者に対して言うのみ。
教育の最大目的 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
そればかりか、近き将来、珠子さんはきっと君を裏切って離れて行くに違いないなどと、甚だ不吉な言辞して、私を極度に不愉快にさせた。
大脳手術 (新字新仮名) / 海野十三(著)
容儀人の娘とは見えず、妻とも見えず、しかも絢粲しう装飾れる様は色を売るにやと疑はれざるにはあらねど、言辞行儀の端々らさにもあらざる、畢竟これ何者と
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)