“絢粲”の読み方と例文
読み方割合
きらきら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
容儀人の娘とは見えず、妻とも見えず、しかも絢粲しう装飾れる様は色を売るにやと疑はれざるにはあらねど、言辞行儀の端々らさにもあらざる、畢竟これ何者と
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)