“きらきら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キラキラ
語句割合
晃々47.8%
燦々20.9%
煌々11.9%
照々3.0%
燦燦3.0%
燦爛3.0%
輝々3.0%
晶々1.5%
杲杲1.5%
端正1.5%
絢粲1.5%
閃々1.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あや几帳きちょうの蔭なりし、ひぎまずける幼きものには、すらすらと丈高う、御髪おぐしつやに星一ツ晃々きらきらと輝くや
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
隙間から武蔵がいうと、童子は、その隙間をちょっと振向いたが、一言も発せず、なお懸命に研いでいる。そしてやがてのこと、晃々きらきらね返す光と研水とぎみずのしずくをぬぐいあげて、
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
袋の中から戛然かつぜんの音と共に散乱して溢れ出たのは目を衝く様な無数の光る物である、薄暗い室の中に、秀子の持って居る手燭の光を反映し、殆ど天上の星を悉く茲へ落したかと怪しまるる許りである、唯燦々きらきらまぶしく輝くのみである
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
駘蕩たいとうたる春の夕もようやくに暮れ、窓から見上げる真っ暗な大空には無数の星が燦々きらきらと輝いていた。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
ごく小さな金の盒であったが、これにも何か宝石いしちりばめてあると見えて、煌々きらきらと輝いていた。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
庸三は息詰りを感じて、やがて匆々そうそうに外へ出た。葉子も清川とふざけている瑠美子を促して、続いたが、星の煌々きらきらする夜空の下へ出ると、やっと彼女もほっとした。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
お珊は帯留おびどめ黄金きん金具、緑の照々きらきらと輝く玉を、烏羽玉うばたまの夜の帯から星を手に取るよ、と自魚の指に外ずして、見得もなく、友染ゆうぜんやわらかな膝なりに
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
燦燦きらきらひそむ黄金虫こがねむし
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
例の腕環のみは燦爛きらきらうるさし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
丘上おかうえは一面水晶末の様な輝々きらきらする白砂、そろ/\青葉のふちかばめかけた大きな檞樹かしわのきの間を縫うて、幾条の路がうねって居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
日が出ると、晶々きらきらとした白金まつになり、紫水晶末になるのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
権兵衛は一人で朝まで祈願をこめていた。朝になって室戸岬の沖あいから朝陽が杲杲きらきらと登りかけたところで、人夫たちが集まって来た。
海神に祈る (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
其飛鳥の都も、高天原広野姫尊様たかまのはらひろぬひめのみことさま思召おぼしめしで、其から一里北の藤井原に遷され、藤原の都と名を替えて、新しい唐様もろこしよう端正きらきらしさを尽した宮殿が、建ち並ぶ様になった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
容儀かたち人の娘とは見えず、妻とも見えず、しかも絢粲きらきらしう装飾よそほひかざれる様は色を売るたぐひにやと疑はれざるにはあらねど、言辞ものごし行儀の端々はしはしおのづからさにもあらざる、畢竟ひつきようこれ何者と、鴫沢は容易にその一斑いつぱんをもすいし得ざるなりけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
描ける藤は、どんよりと重く匂って、おなじ色に、閃々きらきらと金糸のきらめく、美しいひとの半襟と、陽炎に影を通わす、居周囲いまわりは時に寂寞ひっそりした、楽屋の人数にんず
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)