“きら/″\”の漢字の書き方と例文
語句割合
晃々100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帶し月代のごとくに赤黒どく晃々と光りし顏色にて殊に衣類は羊羹色なる黒のもん付の小袖にき小倉のをしめ長刀形になりたる草鞋穿ながらにて端折また傍邊
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)