“巨寺”の読み方と例文
読み方割合
おおでら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これには弱ったんだ、清全寺ッて言う巨寺の秘仏だっさ。去年の夏頃開帳があって、これを何だ、本堂の真中へ持出して大変な騒ぎを遣るんだ。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
巨寺の壁に見るような、雨漏画像は、色の壁に吹きさらされた、袖のひだが、浮出たごとく、浸附いて、どうやら饅頭の形した笠をっているらしい。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
高い処に照々して間数十ばかりもござりますのを、牛車に積んで来て、背後な森をひかえて、黒塗の門も立木の奥深う、巨寺のようにお建てなされて、東京の御修業さきから
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)