“女相撲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おんなすまう33.3%
おんなずもう33.3%
をんなずまふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“女相撲”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今はせたる傘屋の先代に太つ腹のお松とて一代に身上しんじやうをあげたる、女相撲おんなすまうのやうな老婆ばばさま有りき、六年まへの冬の事寺参りの帰りに角兵衛の子供を拾ふて来て
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それと関係があるらしいのは女相撲おんなずもうで、これが興行してくる年は必ず雨が多いと言われていた。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
女相撲をんなずまふのやうな老婆樣ばゝさまありき、六年前ろくねんまへふゆこと寺參てらまゐりのかへりに角兵衞かくべゑ子供こどもひろふて
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)