“一人相撲”の読み方と例文
読み方割合
ひとりずもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すべてはぼくの一人相撲なのだ。不意に半分たべろといい、今度は急に何故黙って半分たべたのだといって怒って絶交する。
煙突 (新字新仮名) / 山川方夫(著)
独仙君はいつのにやら、床の間の前へ退去して、りで碁石を並べて一人相撲をとっている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これも同じ縁日のに、一人相撲というものを取って銭を乞う男があった。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)