“米商”の読み方と例文
読み方割合
こめあきな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堂島へ出て、米商いをしていましたが、それも、相場に焦心って、資本も子も失くしたうえ、あの重病でございますから、これから先は、私が、芸妓にでもなって一心に
治郎吉格子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)