“凶状”の読み方と例文
読み方割合
きょうじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
凶状の多い自分の体を、町奉行から公然と、そんな寛大な起居をゆるされるはずもないし、第一、外出がちな釘勘が今夜のように留守な例は屡〻ですから
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人殺し凶状もいよう。博奕喧嘩で江戸構えになっているやつもいるかもしれない。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「まあいいよ。どっちみち凶状持ちとなった身だ。李小二、女房にもいってくれ、心配するなと」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)