“凶賊”の読み方と例文
読み方割合
きょうぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほんの十秒か二十秒のあいだでしたが、さすがの凶賊も、自分の成功によったようになって、ついピストルを持つ手もとがおるすになってしまいました。ゆだんをしたのです。
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
さすがの凶賊ももはや運のつきです。前に進めば五人の警官、うしろにもどれば、だれよりもこわい明智名探偵が待ちかまえているのです。進むこともしりぞくこともできません。
少年探偵団 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
凶賊と少年探偵のたたかいは、いよいよ、これからなのです。
怪奇四十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)