“唯一目”の読み方と例文
読み方割合
ただひとめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何為か、その上、幼い記憶に怨恨があるような心持が、一目見ると直ぐにむらむらと起ったから——この時黄色い、でっぷりしたのない顔を上げて、じろりとで見上げたのを、織次は唯一目
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)