“唯一無二”の読み方と例文
読み方割合
ゆいいつむに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここと都との通信機関は、早馬の往復だけが、唯一無二のものである。だから時局の波瀾をみると、海道から府内は、昼夜、ひっきりなしに六飛脚だ。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唯一無二の源泉になったり、またはそれらの、絶対至上にして無責任な原因になったりするのは、快いものであるが、全く私は、ジナイーダの手にかかったが最後
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)