“上出來”の読み方と例文
新字:上出来
読み方割合
じやうでき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ラクダルは無言のまゝ手眞似其處らした。親父當前る、愚息はゴロリころんで蹈伸す、この臥轉第一上出來であつた。三人まゝ一言しない。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
らしい上出來だとつて感心してゐる。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
そして心中ひそかに不平でならぬのは志村ずしも出來ないでも校長をはじめ衆人がこれを激賞し、自分かに上出來であつても、さまでめてのないことである。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)