“仕出來”の読み方と例文
新字:仕出来
読み方割合
しでか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十六のからがあつて、れもしいであつたれど一修業して六十にあまるまで仕出來したるなく
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
妹も若い身空であるから、もしや何かの心得違ひでも仕出來して、自分から身を退かなければならないやうな破滅に陥つたのではあるまいか。かう思ふと、兄の詮議はいよいよ嚴重になつた。
半七捕物帳:01 お文の魂 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
あれいてもんでも取合つてさらなかつたは旦那樣のおえらいので、あの時代のやうな蓮葉萬一役所でもかしてさらうなら、どのやうのらぬ仕出來すか
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)