“もし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モシ
語句割合
74.2%
万一10.0%
萬一6.7%
3.3%
1.7%
1.7%
0.8%
假令0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
から、其頃誰かが面と向って私に然うと注意したら、私は屹度、失敬な、惚なんぞするものか、と真紅になってったに違いない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「は。なれど万一生きておりますると、お顔をさらすは不得策かと存じます。まずこの頭巾にてお包みなされて」
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
見合せ文藏樣は只一人の御子と云那程までに御執心の事なれば彼女を請出し御になされて然べし欠替のなき御子の事萬一不了簡抔あらば何とれ候やの所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
も此様な場合に、かジヨンマーチでもつて呉れる者があつたら、彼は獨で舞踏をおツ始めたかも知れぬ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
伏して祈る奸佞のを断ち、貪冒の産を籍し、上は天怒を回し、下は輿情を快にせんことを。果して臣の言虚謬なれば、刀鋸鼎鑊、即ち臣が身に加えよ、云々
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ば見て驚き見合する計りなり就ては大藤武左衞門の家も未だに戸が開ねば是さへやと一同が疑ふ餘り彼方へ至り戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
進めモシ若旦那樣和君は今人立多き花見の場所へ立寄も災難に無上親不幸と仰あれど夫は夫れ其一を知て其二を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
諫説してすにつては、所謂みてはすをひ、退いてはふをなる(七三)假令晏子にしてらば、めにると忻慕するなり。
帝曰く、みずから焚死すと。孝孺曰く、成王存せずんば、何ぞ成王の子を立てたまわざるやと。帝曰く、国は長君る。孝孺曰く、何ぞ成王の弟を立てたまわざるや。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)