“刀鋸鼎鑊”の読み方と例文
読み方割合
とうきょていかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伏して祈る奸佞のを断ち、貪冒の産を籍し、上は天怒を回し、下は輿情を快にせんことを。果して臣の言虚謬なれば、刀鋸鼎鑊、即ち臣が身に加えよ、云々
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)