“のば”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ノバ
語句割合
60.8%
32.9%
2.8%
0.7%
延引0.7%
延長0.7%
0.7%
野生0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
過ぎ行く舟の奥床しくも垂込めた簾の内をば窺見ようと首をしたが、かの屋根船は早くも遠く川下の方へと流れて行ってしまった。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
古木して、鐵車引握み、力任せに引倒さんとするのである。猛犬稻妻猛然としていた。
大きな玉子二つでよく溶いて粉と混ぜて水でねますがその加減は饂飩の捏ねたのよりも柔いほどにして厚さ二分か三分位にします。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
うしておつぎもいつかつたのである。それでも到底青年がおつぎとするのは勘次監督白晝往來で一して瞬間られてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
養母の鶴勝はその悦びを共にすることを得ず、もはや鬼籍にはいっていた。二人の心は一日も早くと焦燥りはしたが、席亭組合の懇願もだしがたく、綾之助の引退は一ヶ年の後に延引された。
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
以て鐵軌延長し道路の修繕は縣官の功名心の爲に山を削り谷を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
前よりも亦一層広々と、一面の日当りになつた畠の上には、大根と冬菜とが、いかにも風土の恵みを喜ぶがやうに威勢好く其葉をしてゐる。
冬日の窓 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
木々は野生えのままに育ち、春は梅桜乱れ咲き、夏は緑陰深くりて小川の水も暗く、秋は紅葉みごとなり。
(新字新仮名) / 国木田独歩(著)