黄色い日日きいろいひび
垣根の破れたところから、大きな茶のぶち犬が彼の庭に這入ってきた。お隣の発田の飼犬である。なにか考えこんでいる風に首を垂れ、彼が大切にしている牡丹のところへふらふらとあるいてきたが、その根の辺をくんくん嗅ぎながら二三度廻り、また何となく縁側の …
作品に特徴的な語句
夕陽 はず パイ ごう だら 饒舌じょうぜつ ふう 塵埃じんあい 蹴合けあい はじ かげ たばこ えり 莫迦ばか 薄黝うすぐろ しじみ かに 跫音あしおと うみ 脆弱ぜいじゃく 胆汁たんじゅう 聯想れんそう 編輯へんしゅう まぎ 紙凧たこ ひも 紅中ホンチュン ざる 穿 鈍色にびいろ 黄疸おうだん 鶏冠とさか たら ひげ あご くび ページ 雑沓ざっとう 関繋かんけい 襯衣シャツ 遮断しゃだん 軍鶏しゃも 蹴合けあ 目笊めざる あきら 親爺おやじ 見据みす あか みじ 微塵みじん 庖丁ほうちょう ひら 小菅こすげ はし 夕陽ゆうひ 嘔吐おうと 咽喉のど つぶや 可笑おか 凝集ぎょうしゅう 僭越せんえつ 俄風にわかかぜ たたず うかが なが 物憂ものう 知己ちき 眼窩がんか うち かゆ 疼痛とうつう うず 界隈かいわい 甲高かんだか 独逸ドイツ 破風はふ 牡丹ぼたん よど 洒落しゃれ しばら 昏々こんこん 日向ひなた 摸牌モウパイ