“すん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
81.0%
駿7.4%
4.1%
3.3%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とりわけの手がの手より四かったものですから、みの二もあるに、二もあるをつがえてはいたのです。
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
駿の間に流行し、昨年中は西は京阪より山陽、南海、西国まで蔓延し、東はの諸州にも伝播し、当年に至りては州に漸入するを見る。
妖怪玄談 (新字新仮名) / 井上円了(著)
大塚の隣屋敷に広い桑畑があって其横に板葺な家がある、それに老人夫婦と其ころ十六七になる娘がで居ました。以前は立派な士族で、桑園ち其屋敷跡だそうです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
家捜までして何も見出さぬから最う吾々の役目はだじゃ無いか、好い加減にお仕様、さア君、さア
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「あは」彼女は感動の余り嗚咽した。「妾の春雄が、ほんとうに……妾を配すると……云ったでしょうか……」
光の中に (新字新仮名) / 金史良(著)
いや、れまい。ませて、斎非時にとてばぬが、渋茶振舞はず、での生涯坊主水車らうとした。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
北の方の空は青くでいる。遠くに連っている町の頭が犇々って固っている。ぎらぎらとするのは瓦家根が多いからであろう。翻々と赤い旗も見える。長い竿の先に白い旗のるのも見える。
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
旨とすれば父のはいよ/\強く勘當ん樣もあらねば其儘にして過行しが去年父親は死去しに母は女氣の心き所へ持込詫言せしかば故なくで今ははや往通をなす中に成しに元益は兄といふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)