人でなしの恋ひとでなしのこい
門野、御存知でいらっしゃいましょう。十年以前になくなった先の夫なのでございます。こんなに月日がたちますと、門野と口に出していって見ましても、一向他人様の様で、あの出来事にしましても、何だかこう、夢ではなかったかしら、なんて思われるほどでござ …
作品に特徴的な語句
いき おり いっ ぶり ふし なまめ えにし 引込ひっこみ むら 女児おなご こまや くわだ もと がわ せん はじ かえっ ばなし うたぐ だらい こら しん 一巡ひとまわり なま のが あるい 細々ほそぼそ ひっ あが 引返ひきかえ 丹塗にぬ こま なめら すま ひとり たく わずか 鉄漿おはぐろ はるか 身震みぶるい すべ よう たのし きま わび 囃子ばやし 行先ゆきさき かお 稀代きだい 大身おおみ たち ゆか いか 御方おかた のち しま 物淋ものさび たぐい 猶予ゆうよ 猶更なおさら うつつ 理窟りくつ ねずみ 生々なまなま 生霊いきりょう 田舎いなか 申訳もうしわけ 異形いぎょう うと おこり くせ まゆ 真似まね 睦言むつごと 破綻はたん 稚児ちご 稽古けいこ うかが はず こも 籠手こて 紅綿べにわた 細々こまごま 結納ゆいのう 魔性ましょう 綺麗きれい 緋縅ひおどし すべ うずくま 豊頬ほうきょう もら 話声はなしごえ