“おとうさん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
父上18.2%
阿父18.2%
阿父様18.2%
阿爺18.2%
御父上9.1%
9.1%
阿舅9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——兄弟が揃った処、お祖母さんも、この方がお気に入るに違いない、父上おとうさん母上おっかさんの供養の為に、いきものだから大川へ放して来ようよ……
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「おお、父上おとうさん、こんな処に。」
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼様ああして世間よのなかの花とも、教会の光とも敬はれてらつしやるに、阿父おとうさんの御様子ツたら、まア何事で御座います、臨終いまはの奥様に御誓ひなされた神様への節操みさを
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
阿父おとうさん、ほら此様こんなに摘んでよ」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「この商売をしなければ、阿父様おとうさんも私も餓ゑ死をしてしまひますから。」
南京の基督 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
『何だねお前、那麽あんな奴等の対手になつてさ! 九月になれや何処かの学校へ代用教員に遣るツて、阿父様おとうさん言つてるんだから、那麽愚物ばかにや構はずにお置きよ。お前の方が愚物ばかになるぢやないか!』と、険のある眼を一汐ひとしほ険しくしてたしなめる様に言つた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
彼は平生一滴も飲まぬが、今日はせめてもの事に阿爺おとうさん阿母おかあさんと盃の取りやりをしるしばかりした。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
岩倉家の玄関で車を下りると、お馨さんの阿爺おとうさんが出て来た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
名誉に、とお思いなすったか、それとも最初はじめての御出産で、お喜びの余りか、英臣さんは現に貴女の御父上おとうさんだ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
きこの安東あんとう村に居るんです。貞造と申して、以前御宅の馬丁べっとうをしたもので、……夫人おくさん、貴女の、実の……御父上おとうさん……」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「それがね、おとうさんおかあさんの気には入ってたけども、松平さんがきらってね」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
武男は手紙を巻きおさめつ。「阿舅おとうさんもよほど心配しておいでなさる。どうせ明日あすはちょっと帰京かえるから、赤坂へ回って来よう」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)