“蚰蜒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げじげじ88.9%
ゲジゲジ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上得体も知れぬ虫がウジウジ出て来て、誰かの顔へは四寸程の蚰蜒げじげじあがったというので大騒ぎ。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
そのはずで、愛の奴だって、まさか焼跡の芥溜ごみためからいて出た蚰蜒げじげじじゃありません。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『凧刻んで夜の壁に描き得た我が霊妙なる壁画を瞬く間に擾して、越後獅子の譜の影は蠅になって舞踏する。蚯蚓も輪に刎ね蚰蜒ゲジゲジは反って踊る。』(隣の糸)なぞという文章にあっては、全くはじめての人は面喰うであろう。
鏡花氏の文章 (新字新仮名) / 中島敦(著)