黄色な顔きいろなかお
私は私の仲間の話をしようとすると、我知らず失敗談よりも成功談が多くなる。無論それらの話の中では、私は時によっては登場人物の一人になっているし、でなくても私はいつも深い関心を持たせられているのだが、——しかしこれは何も、私の仲間の名声のために …
作品に特徴的な語句
北方ほくぼう 可愛かあ 微笑びしょう あが やっこ うしろ 明日みょうにち しん 一所ひとところ 一時いちじ くだ なん 入口いりぐち 厄介やくかい 可愛かあい かじ きま いえ のち 愛想あいそう ぬぐ やみ へん さま あいだ 離家はなれや 食指しょくし うち 乳母うば 人家じんか うかが そば 入要いりよう かぶ 前庭ぜんてい 卅歳さんじっさい 半道はんみち 卸商おろししょう 叱言こごと いな 呼吸いき 咽喉のど しな すわ うち 家中うちじゅう 幌附ほろつ 廿五にじゅうご あと 悧巧りこう ドア 手筈てはず 拳固げんこ 接吻せっぷん 暁方あけがた いわ 朝飯あさめし いま にれ もみ 琥珀こはく らい 真暗まっくら 真蒼まっさお 真黒まっくろ こわ ろく ポンド 突嗟とっさ うかが 脅喝きょうかつ 腹臓ふくぞう 蝋燭ろうそく 蝶番ちょうつがい おもて 表口おもてぐち 見出みいだ 贋物にせもの みち きし わだち つら あたり みち 這入はい 間中あいだじゅう 靴紐くつひも ひたい