刺繍ししゅう
ふと大塚さんは眼が覚めた。 やがて夜が明ける頃だ。部屋に横たわりながら、聞くと、雨戸へ来る雨の音がする。いかにも春先の根岸辺の空を通り過ぎるような雨だ。その音で、大塚さんは起されたのだ。寝床の上で独り耳を澄まして、彼は柔かな雨の音に聞き入っ …
作品に特徴的な語句
すぐ 毅然しゃんと 毅然しゃん 転倒ひっくりかえ おっしゃ かけ 出入ではいり ことわ 奈何いかが かが あた しまい 光景さま かかわ 母親おっか あざけり かたづ 蘇生いきかえ 彷彿ちらつ ふざ ひと 体躯なり かえ 茶碗ぢゃわん 色彩いろ 心地こころもち はら 放擲うっちゃらか もちあ 交換とりかわ 仮令たとえ 体躯からだ 何物なんに 香気におい なか 食物くいもの 青蓋あおがさ ぎわ おさ おそ 反対あべこべ 取換とりかわ 間隙すき 可恐おそろ 可懐なつかし 流行はやり 周囲あたり かな くしゃみ 誰某だれそれ 親密したしみ さか あゆ 服装みなり 最早もう 年少としした 幸福しあわせ たび めぐ 快楽たのしみ 臥床ねどこ 払暁あけがた はさ 絶間とめど そこな よもぎ 独語ひとりごと なお 珈琲コーヒー 生命いのち 生家さと 用達ようたし 男性おとこ 白粉おしろい 真似まね なが 眼前めのまえ ろく 私語ささや まれ 種々いろいろ 穿 ささ はず 箪笥たんす 節操みさお こも くわ ひらめ やしき