情状酌量じょうじょうしゃくりょう
フランソアズは倅が捕縛されたということを新聞で読んでぎょっとした。 けれど、初めのうちはとても真実と思えなかった。それはあまりに途方もない出来事であったから。 可愛い倅はごく内気な律儀者で、こないだの復活祭の休暇には、彼女の許へ帰省していた …
作品に特徴的な語句
歔欷しゃくりあ 焦燥もどか ところ 母親はは ふくろ 微笑えみ 饒舌おしゃべり とこ しっ 木履サボ あれ 強請せが 寂然しん くた 真実まこと 狼狽あわ 種々さまざま ゆっ 虚偽いつわり もと 左様そう 父親てておや 兵卒へいたい 御前おんまえ 際涯はてし 躊躇ためら そっ から ひと 音信たより もと 饑死うえじに ことば いの 休暇やすみ 真身しんみ そば 一図いちず 鞦韆ぶらんこ 他人ひと 事件こと 証明あかし 説話はなし 誰方どなた 面窶おもやつ 車窓まど 鈍馬とんま 偶々たまたま 八釜やかま 判然はっきり いか 口惜くや 可憫かわい 吃驚びっくり 呼吸いき 咽喉のど うず たま 姓名なまえ 寂然ひっそり 広庭ひろにわ 床就とこづ 御名みな やま うら 打開うちあ 朋輩ほうばい せがれ 桶屋おけや 標題みだし 何時いつ 正面まとも 此紙これ 歩調あしどり 何卒どうぞ 生憎あいにく