“錯覺”のいろいろな読み方と例文
新字:錯覚
読み方(ふりがな)割合
さくかく66.7%
さつかく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“錯覺”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
汽車きしやはしつてゐる方向はうかうぎやくになつたやうな錯覺さくかくかんじながら
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
川一パイの涼み船は、この恐ろしい事實を眺めながら、それも仕掛け花火の一とこまのやうな錯覺さくかくを起して、暫らくは茫然として居りました。
夏の宵はまだ薄明るく、外を通る人の跫音あしおとが、何んとなくあわたゞしいのさへ、此家一軒が、十重二十重に取圍まれて居るやうな錯覺さつかくを起させます。
銭形平次捕物控:124 唖娘 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)