赤げっと 支那あちこちあかげっと しなあちこち
僕達夫妻が支那見物をするべく秩父丸で神戸を出帆したのは四月の十九日の正午だった。一等船客を、秩父丸は一万七千頓で、米国通いの船の中でも特に優秀なものだそうだが随分よかった。 同勢は二十三人だった。 本来僕は、この船で上海などへ行くより先に、 …
作品に特徴的な語句
はなは 煩悶うめ 空気アトモスフィヤー トン 火車ホウチョ たと はず あて くるし おのず 疲労つか やせ 可成かな 強請ゆす はね 公司コンス 苦力クリー ぼか わたし 阿片アヘン 浦山うらやま 気障きざ まこと 燐寸マッチ 気車チーチョ ごと ほとん 此方こちら かつ これ まつりごと さら ふる うね 鳥渡ちょっと 都度つど 這入はい とて まで すべ ようや 良人おっと やや 矢張やは 猶太ユダヤ 悪戯いたずら 煙管きせる 焦心あせ しか 吃驚びっくり ただ 印度インド 其処そこ 八釜やかま くるま 周章あわ ただ もっ ほの しま なが 乃至ないし うち 不図ふと 不可いけ なお むし ほう 折柄おりから 所謂いわゆる 戎克ジャンク 悉々ことごと 恰度ちょうど ドル もっと 小洋ショウヤン むし へや 如何いか それ 大洋タイヤン 喋舌しゃべ 咽喉のど