そう
何処からともなく一人の僧侶が、この村に入って来た。色の褪せた茶色の衣を着て、草鞋を穿いていた。小さな磐を鳴らして、片手に黒塗の椀を持て、戸毎、戸毎に立って、経を唱え托鉢をして歩いた。 その僧は、物穏かな五十余りの年格好であった。静かな調子で …
作品に特徴的な語句
かさな まわ ふるく 湿しめっ ねら 漸々ずんずん 流行はやっ ほか ひろま つい あく げん 僧侶おしょうさま たた ゆれ うっ あげ 突立つったっ もっと つぶ ところ つやや ふる 戦慄ぞっ ひやや たっ つぶや 突貫つきとお ばばあ 年老としとっ あの いず かね にじ つらな ほとり おどら ばかり いで おか 立会たちあっ 空想おもい とど 彼方あっち おく もっ 赤銅あかがね 何様どんな おぶ 見慣みなれ におい わめ おい 繭買まゆがい あわれ 女房かみさん ばばあ 平常へいぜい 洪水おおみず 水腫みずぶくれ 斯様こんな たなごころ ふり なら うえ 頭髪かみのけ 鈍色にぶいろ ばか 薬売くすりうり 落着らくちゃく 老耄ろうもう 真黄まっき すぐ うたがい うね じじい ほて 気狂きちがい 村端むらはずれ しば 普通なみ 日当ひあたり たる いう 寂然ひっそり おれ 引上ひきあげ 何処いずこ たのし きま 垢染あかじみ のち