“つった”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
突立90.0%
衝立5.6%
佇立3.3%
屹立1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白襯衣君が、肩をやかして突立って、窓から半身乗出したと思うと、真赤な洋傘が一本、矢のように窓からスポリと飛込んだ。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
平兵衛の舟がその右側を漕いでいた。平兵衛は舟の衝立って上流の水のを見ていた。
水面に浮んだ女 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
何もそう謝るには及びません、僕も実は貴様が先刻僕の前に佇立って僕ばかり見てた時の風がとなくかったから、それで此処へ来て貴様ることをごうて居たのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
その北穂高の東北に接し、槍と同形の峰が二百尺ばかりも屹立っている、小槍とでもいいたい、が穂高の所属だから、剣ヶ峰というておく。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)