水面に浮んだ女すいめんにうかんだおんな
外から帰って来た平兵衛は、台所の方で何かやっていた妻を傍へ呼んだ。女は水で濡れた手を前掛で拭き拭きあがって来た。 「すこし、お前に、話したいことがある」 女は何事であろうと思って、夫の顔色を伺いながらその前へ坐った。 「この加賀へやって来た …
作品に特徴的な語句
おなご くっ しも 何人たれ じぶん さま うき 上流かわかみ 忠義ただよし ざま わし 衝立つった 音信いんしん 人為ひととなり 使つかい さき 半年はんねん 執拗しつこ つつみ つい 思召おぼしめし 感状かんじょう かか 木杭きぐい 裁縫さいほう しゃく ひら かけ 一豊かずとよ 下駄げた 仕留しと うかが 何時いつ そば 冷冷ひえびえ 前掛まえかけ 前方むこう いきおい 半鐘はんしょう いや 口惜くや しか 周囲まわり あざけ 土州としゅう わか 姿すがた じょちゅう へや 小縁こべり くず 川縁かわべり あと たちま うら 手討てうち 抜擢ばってき 振方ふりかた 掛金かけがね 擦寄すりよ 明日あす 昨夜ゆうべ 書類かきつけ 松明たいまつ 母屋おもや 気色けしき 汎濫はんらん 沙俵すなだわら 治部じぶ 浪浪ろうろう したた 燗鍋かんなべ たぬき さかずき みは たしか たた わたし 種種いろいろ かまど 篝火かがりび ふち 縁側えんがわ かざ さかな どう