“假裝”の読み方と例文
新字:仮装
読み方割合
かさう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎日顏を合せる男、それが明かに假裝の人間とわかつたとき、八五郎の職業意識がうづくのも無理のないことでした。
𢌞國巡禮假裝したるロミオをに、マーキューシオー、ベンヺーリオー、おの/\ひ/\の假裝に五六、いづれも道外たる假面へ、炬火持太鼓係等多勢ひきつれてる。
平次の論告は一言々々、お舟の假裝を剥ぎ取つて、寸毫の假借もありません。