“天涯孤独”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんがいこどく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、親には早く死にわかれ、兄弟もなければ妻子さいしもなく、天涯孤独てんがいこどくの身の上だった。
脳の中の麗人 (新字新仮名) / 海野十三(著)