“窯業”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えうげふ50.0%
ようぎょう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“窯業”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
維新の前、藩侯の通輦つうれんあるや、つねに磁土を途に布きて、その上に五彩を施せしといふ、また以て、窯業えうげふの盛なるを想ふに足るべし。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
外国との交通により、窯業えうげふの発達せしことは一たび伊万里の名声をあげしめたりき、豊太閤の「名護屋御滞陣」は、一時天下の耳目を聳動しようどうしたりといへども、単にこれをその他の盛衰に観るも、なお唯豪華の夢に過ぎざりけり。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
イヤ腕を磨くべきはもとよりだが、腕で芸術が出来るものではない。芸術は出来るもので、こしらえるものでは無さそうだ。君の方ではこしらえとおせるかも知れないが、僕の方や窯業ようぎょうの方の、火の芸術にたずさわるものは、おのずと、芸術は出来るものであると信じがちだ。
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)