“仲間部屋”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうげんべや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なんど訊くんだ、昨日のさがり江戸へ着いて、ゆうべは三番町の織田さまの仲間部屋へ泊り、今日の午めえにここへ来たんだ」
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そこを下りて、しばらく横へ歩いて行くと、案のごとく、仲間部屋の者が博奕や夜遊びに出入りする隠し道、弦之丞は、まんまと蜂須賀家の囲い内へ出た。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
りはお屋敷を槍持六尺棒持を連れて見廻らんければなりません、槍持は仲間部屋から出ます、棒持の方は足軽部屋からて、甃石の処をとん/\とん/\いてるく
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)