“厩戸皇子”の読み方と例文
読み方割合
うまやどのおうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
和尚がことに心をひかれたのは、人皇三十一代用明天皇第二の皇子、すなわち厩戸皇子ののこした言葉と言い伝えられるものであった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
承わりますれば、上宮太子厩戸皇子様、百王治天の安危をえ、日本一州の未来記をめ、この寺院に秘蔵あそばさるるとか。
赤坂城の謀略 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
でおまれになったというので、皇子のお厩戸皇子げました。皇太子におちになって、聖徳太子げるのはこの皇子のことでございます。
夢殿 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)